[PR]

 人類が地球上に広がるにつれ、哺乳類が小型化したとする研究を米スタンフォード大などが米科学誌サイエンスに発表した。狩猟などで大型哺乳類が減り、北米の哺乳類の平均体重は98キロから7・6キロに減った。

 大型哺乳類のメガテリウムやスミロドン、ナウマンゾウなどが絶滅した理由は、人類の狩猟や気候変動などの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも