[PR]

 原子力規制委員会は23日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など7原発12基で、中央制御室の空調配管に腐食や穴があったとする調査結果を公表した。重大事故が起きた際に放射性物質が流入して運転員が被曝(ひばく)するおそれがあり、電力会社は配管の取り換えや補修などの対応を取る。

 規制委によると、配管に穴が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも