米金融規制緩和へ 強化から転換 改正法案可決

有料会員記事

[PR]

 米議会下院は22日、「金融規制強化法(ドッド・フランク法)」の規制を一部緩める改正法案を賛成多数で可決した。トランプ大統領が主張する「撤廃」には至らないが、2008年のリーマン・ショック後にオバマ前政権が進めた規制強化からの転換への一歩となる。

 採決結果は賛成258票、反対159票。小規模な地域…

この記事は有料会員記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら