[PR]

 1966年夏にあったビートルズの日本公演を巡り、警視庁が撮影した映像を全面開示すべきかが争われた訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。野山宏裁判長は一審に続き、一部を不開示とした警視庁側の処分を「妥当」と判断し、全面開示を求めた名古屋市の市民団体「情報公開市民センター」の控訴を棄却した。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも