[PR]

 不当な勧誘による契約を取り消せることを定めた消費者契約法をめぐり、衆院の消費者問題特別委員会は23日、同法の改正案を可決した。契約の救済対象者について、当初の改正案に修正を加え、具体的に明記した。

 改正案の柱は、就職や容姿などについて不安をあおる勧誘や、恋愛感情を悪用した「デート商法」による契約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも