[PR]

 ずばり「ヌード」と題した国際巡回展が、横浜美術館で開かれている(6月24日まで、木曜休館)。19世紀後半から現代の身体表現まで134点。その9割以上が近現代美術の優品で知られる英国テートの所蔵品だ。芸術家が繰り返し取り組んだ裸、身体、ヌード。その表現のあり方と変容から何が見えるのか。

 ■いつの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも