[PR]

 「何も知らされないまま人生を奪われた。このまま済ますわけにはいかない」

 不妊手術を強いられた宮城県の70代女性が今月17日、国に補償を求めて提訴し、記者会見でこう訴えた。女性は16歳で手術を受け、子どもを産めないことが元で離婚。1997年ごろから国に謝罪を求めたが、国は「当時は適法」との立場に終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも