(声)公文書信頼性回復へ声あげよう

有料記事

[PR]

 大学生 武田勇(新潟県 21)

 安倍晋三首相は、愛媛県が作成した加計孝太郎理事長との面会に関する記述を否定した。首相が、県公文書にうそが書かれていると判断したことになる。森友問題での財務省の公文書改ざんなど、日本の公文書に対する信頼性は失墜した。

 これは民主主義の危機であると同時に、アカデミズ…

この記事は有料記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント