(声)食べられなくなった時を最期に

有料記事

[PR]

 主婦 武村真紀子(愛知県 74)

 夫は3カ月の入院を経て84歳で旅立ちました。後半の1カ月は食物をのみ込めず点滴のみ。はっきりしない言葉で「水が欲しい」と言われ、つらかったです。

 医師に「生きている間に飲ませたい」と相談すると、口腔(こうくう)ケアの後、とろみ付きの水を与えることができました…

この記事は有料記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント