通学を楽に、「置き勉」じわり 荷物18キロ、中学生「つらい」「転ぶ」

有料記事

[PR]

 「脱ゆとり教育」によって教科書が分厚くなるなど子どもたちの通学かばんやランドセルが重くなっている。つらい実態を緩和しようと、教材を教室に一部置いて帰る「置き勉」を認める学校が徐々に増えている。一方、家庭学習への影響を心配する声もある。

 小高い丘の上にある広島市立牛田中。国数理社英の5教科の教材…

この記事は有料記事です。残り1430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。