[PR]

 賛否が割れる法案で与党が採決強行を図ると、議場の混乱を嘆き、「熟議を尽くせ」と批判したくなるのは政治記者の常だ。

 だが、民主主義とはみんなで議論を尽くして決めるものだという考えは「理想論であり虚像である」と、衆院事務総長の向大野(むこおおの)新治さんが近著「議会学」(吉田書店)で述べている。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも