[PR]

 石油輸出国機構(OPEC)は、ロシアなど非加盟の産油国と進める原油の協調減産を緩和し、生産量を増やすかどうかについて議論を始めた。米国によるイランへの経済制裁の再開などで高まる原油の供給減の懸念に対応するため。OPECは6月22日に開く総会に向け、調整を進める見通しだ。

 ロイター通信は25日、関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも