[PR]

 ■掌中に広がる無限の表現 京都・清宗(せいしゅう)根付館 学芸員・伊達淳士

 印籠(いんろう)や巾着、煙草(たばこ)入れなどを帯に下げる際に使用する留め具「根付(ねつけ)」。木材や牙歯、金属などの全面に彫刻を施した、手のひらサイズの工芸品で、江戸時代後期に最も流行しました。着物から洋服に移行した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも