[PR]

 今年1月に60代の女性が国に謝罪と補償を求める訴訟を仙台地裁に起こしたのを受け、各党が被害者救済に向け動き出した。3月に超党派議員連盟(議連)が発足。直後に自民・公明の与党ワーキングチーム(WT)も立ち上がった。

 WTは厚生労働省に対し、省内や都道府県、保健所設置市に残された資料の現状確認を指示…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも