(社説余滴)カンボジアと治水 真田正明

有料会員記事

[PR]

 プノンペンの空港から市街地へ向かうタクシーに乗ってしばらくすると、あたりが暗くなった。

 ほどなく地面をたたくような激しい雨が降り始めた。雨期が始まっているのだと知った。

 カンボジア内戦後初めての総選挙から25年がたった。当時駐在していた国がどう変わったのか知りたかった。

 首都ではいま高層ビル…

この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る