(てんでんこ)被災ここにも:18 存続

有料会員記事

[PR]

 ■「慌てなくていい。必ず元に戻れる」。300年先を見据えた目標を掲げた。

 にぎわいが集落に戻ってきた。

 震度6強の長野県北部地震から5カ月が過ぎた2011年8月16日、長野県栄村の小滝集落で恒例の夏祭りが開かれた。家が壊れて仮設住宅や村外に出ていた人も顔を見せ、残った人の家に泊めてもらった。

この記事は有料会員記事です。残り849文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る