司法取引、きょうから導入 組織犯罪の解明に期待 虚偽供述で冤罪の恐れ

有料会員記事

[PR]

 日本版の司法取引制度が6月1日から始まる。刑事事件の容疑者や被告に他人の犯罪を明かしてもらう見返りに、検察官が起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりする内容。組織犯罪の解明につながると期待される一方、うその供述が冤罪(えんざい)につながる懸念も指摘されている。▼総合5面=教えて!

 司法取引は、201…

この記事は有料会員記事です。残り631文字有料会員になると続きをお読みいただけます。