生きている男性「死亡」判断 救急隊員、病院に搬送せず 大阪

有料記事

[PR]

 大阪市消防局は3日、119番通報を受けて出動した救急隊員が70代の男性を「死亡状態」と誤った判断をして病院に搬送しなかったと発表した。男性はその後搬送され治療を受けているが、同消防局は病状に影響していないとしている。

 同消防局によると、2日午後、大阪市住吉区内の男性の自宅を訪ねた知人が「死んでい…

この記事は有料記事です。残り127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント