[PR]

 ベルリンで人生の半分余りを過ごしてきた韓国のウンスク・チン。昨年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がアジアツアーで新作を初演した人気作曲家である。近年、作曲された3作の日本初演による個展を聴いた。同時代音楽企画「コンポージアム2018」の一夜、演奏はイラン・ヴォルコフ指揮の読売日本交響楽団(5月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも