[PR]

 団地の給水塔は、チェスのルークの駒をうんとシンプルにした形だった。なんの飾り気もない灰色の塔だが、規則的な配列で何十と連なる棟から頭一つ突き出してたたずむ姿は、子どもの頃の私の目には、不思議と人間くさく感じられていた。

 万博の太陽の塔もそうだった。人が両手を広げて立っているような形で、顔が三つ―…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも