[PR]

 iPS細胞による再生医療をめぐり、免疫の型の一致にこだわらない治療法を計画する企業や研究機関が出てきた。細胞を提供する京都大iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉)は、拒絶反応を減らすため、多くの人と免疫の型が合う細胞を備蓄する「ストック事業」を進めている。企業などの計画の成否は、型の一致を前提にし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも