[PR]

 マウスがキツネの臭いに恐怖を覚えるのは、特定の遺伝子の作用であることを筑波大学などのグループが突き止めた。この遺伝子が作るたんぱく質がキツネの臭い成分と反応し、痛みに似た感覚を脳に伝えるらしい。捕食者への恐怖は後天的に覚えるのではなく、遺伝子レベルで先天的に組み込まれていることを裏付ける成果という…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも