セシウム流入、東京湾河口に集積 原発事故5年、近畿大元教授が調査

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発の事故で出た放射性セシウム東京湾に流入し続けており、事故から5年を過ぎても河口付近で集積がみられた――。山崎秀夫・近畿大元教授(環境解析学)がそんな調査結果をまとめた。湾内に生息する食用魚のセシウム濃度は国の基準値を下回り、問題ないレベルだが、海底の泥への蓄積量は場所によって…

この記事は有料会員記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。