資産家の死因は急性覚醒剤中毒 和歌山県警、慎重に捜査

有料会員記事

[PR]

 和歌山県田辺市で変死した資産家の男性について、県警は6日、死因は急性覚醒剤中毒と判明したと発表した。事件、事故の両面で、慎重に捜査している。

 発表によると男性は田辺市の会社社長野崎幸助さん(77)。5月24日午後10時半ごろ、自宅2階の寝室で倒れているのを妻が発見し、119番した。身の回りの世話…

この記事は有料会員記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。