(評・舞台)歌舞伎座「六月大歌舞伎」 不条理な時間、鮮烈

有料会員記事

[PR]

 昼「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 三笠山御殿」で、時蔵の村娘お三輪は不条理な時間に巻き込まれる。言い交わした男が高貴な身分の者と知らず、後を追ってきて、意地悪な官女たちにつかまり、さんざんにいじめられる。

 六代目歌右衛門から伝えられた型のとおり、お三輪は官女たちに囲まれ、胸を突かれ…

この記事は有料会員記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。