邦楽と台湾の崑劇が融合 横浜能楽堂で上演

有料会員記事

[PR]

 日本と台湾が共同制作する伝統芸能の新作舞台「繍襦夢(しゅうじゅむ)」が9、17日、横浜市の横浜能楽堂で上演される。企画公演「花開く伝統 日台の名作と新作」での披露。邦楽と台湾の崑劇(こんげき)の融合を目指す。

 同能楽堂と台湾の国光劇団が協業。崑劇の古典作に能形式、常磐津節と長唄の三味線音楽を溶け…

この記事は有料会員記事です。残り188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら