[PR]

 働き方改革関連法案に盛り込まれている「残業時間の罰則つき上限規制」は、長時間労働の是正につながるとの期待がある。一方、「過労死ライン」まで働かせることが可能な規定も入っていて、年間上限の「抜け穴」もある。論点は多いが、これまでの国会審議では議論が深まっていない。

 「年720時間まで働かせていい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも