休日含め「残業960時間」 上限720時間に抜け穴、議論されず

有料会員記事

[PR]

 働き方改革関連法案に盛り込まれている「残業時間の罰則つき上限規制」は、長時間労働の是正につながるとの期待がある。一方、「過労死ライン」まで働かせることが可能な規定も入っていて、年間上限の「抜け穴」もある。論点は多いが、これまでの国会審議では議論が深まっていない。

 「年720時間まで働かせていい…

この記事は有料会員記事です。残り1422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら