受動喫煙対策法案、審議入り 野党は批判、対案検討 衆院本会議

有料記事

[PR]

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が8日、衆院本会議で審議入りした。東京五輪パラリンピックに先立つ2020年4月の全面施行に向けて、政府は今国会での成立を目指している。

 改正案は学校や病院、行政機関などを敷地内禁煙とし、焦点だった飲食店は、原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)とする。例外的に…

この記事は有料記事です。残り470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント