ウナギ資源管理を協議

有料記事

[PR]

 ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)が減少する中、ウナギの資源保護について話し合う日本、韓国、台湾の政府間非公式協議が7、8日、東京都内で開かれた。科学的根拠に基づく資源管理を導入するため、専門家を交えた会議を9月にも開くことになった。

 2014年に中国を含む4政府間で、1漁期に養殖する稚魚数を2…

この記事は有料記事です。残り149文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント