カジノ監督「事業者からも」 国交相が可能性言及 実効性、疑念

有料記事

[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議が続く衆院内閣委員会で8日、監督機関である「カジノ管理委員会」のあり方が議論された。事務局職員について、IR担当の石井啓一国土交通相は「実態を知っている人の任用もありえる」とカジノ事業者から採用する可能性に言及した。野党は、監督機関としての実効性が揺…

この記事は有料記事です。残り694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。