[PR]

 ■「ことばの力」で主体的になろう

 少しだけ「政治」を考えよう――。

 音楽学部教員のピアニストはベートーヴェンとショパンを語り、音楽の形式と内容の抗(あらが)いに作曲家の自由への行程を読み取る。

 日本文学を専攻する教員は小林多喜二の『蟹工船』からいくつかの章句を引き、現代日本の「ブラック社会」…

この記事は有料会員記事です。残り809文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り809文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り809文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも