[PR]

 数多くの詰将棋(つめしょうぎ)を解くことで、高校生棋士藤井聡太(そうた)七段(15)の読みの速さ、正確さは徐々に磨かれていった。その驚異的なスピードは、「東海研修会」に通う小学生の頃から、詰将棋愛好家の間では有名だった。

 名古屋市中心部にある細長いビルの3階。研修会が開かれた板谷(いたや)将棋記…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも