[PR]

 ■司馬の「逸話」楽しく重く 作家・門井慶喜

 山野博史は専攻は日本政治史だが、書誌学者の顔も持ち、ことに司馬遼太郎に関しては司馬の死後、全集にも洩(も)れていた長短無数のエッセー類をさがし出して『司馬遼太郎が考えたこと』全15巻に結実させている。

 あの伝説的な『露伴全集』拾遺2巻にも匹敵する大仕…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも