日高六郎は、1917年、中国・青島で生まれた。貿易商の父は、中国人の実業家たちと信頼関係を築いており、「ほんもの」の日華親善を信じて、子どもたちに「支那」という呼称を堅く禁じていた。六郎本人は、現地の日本人が通う旧制中学をおえると、内地に“留学”。東京高等学校から東京帝大に進んで社会学を修めた。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも