[PR]

 半世紀を超えた国立劇場の鑑賞教室だが、踊り一本立てという番組は前例がない。今月だけでも全国の複数の劇場で歌舞伎が上演されており、限られた俳優の割り振りに苦心のあることは百も承知。だが、中高生と歌舞伎の出会いをどのように設定するのが望ましいのか。立場を超えて長期的なスパンで真剣に考えられるべきだ。

この記事は有料会員記事です。残り576文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも