(評・舞台)国立劇場「6月歌舞伎鑑賞教室『連獅子』」 風格の又五郎、勢いの歌昇

有料記事

[PR]

 半世紀を超えた国立劇場の鑑賞教室だが、踊り一本立てという番組は前例がない。今月だけでも全国の複数の劇場で歌舞伎が上演されており、限られた俳優の割り振りに苦心のあることは百も承知。だが、中高生と歌舞伎の出会いをどのように設定するのが望ましいのか。立場を超えて長期的なスパンで真剣に考えられるべきだ。

この記事は有料記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント