[PR]

 会場入り口に飾られた「口紅」(1918年、京都市立芸術大学芸術資料館蔵)=写真=で描かれる女性の表情や長い手の指を、不気味と感じるか魅力的と思うかによって、岡本神草(しんそう)(1894~1933)の評価は変わる。前者は、神草が初期に描いた竹久夢二風の習作や、彼の試行錯誤の呻吟(しんぎん)が聞こえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも