[PR]

 東京都目黒区で5歳の子どもが死亡した事件を受け、政府は経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)案に、児童相談所(児相)の職員の増員や専門性の強化などを盛り込んだ。年々増加し多様化する虐待事件に職員が対応できていないとの指摘を受けたものだ。

 12日に自民党の政調全体会議で示した案に、新たに「子供…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも