[PR]

 国立大学協会は12日に総会を開き、2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間試験を使う際の配点の目安などを決めた。成績を出願要件とする場合は、国際標準規格「CEFR(セファール)」の下から2番目の「A2」レベル以上とし、試験の成績を加点する際は英語全体の「2割以上」とする内容…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも