[PR]

 ■(セーフアウト)コンパクトに振ってバレ先制

 ヤクルト・バレンティンと西武・山川。球界を代表する4番は、ともに本塁打と打点でリーグトップ。交流戦の首位攻防戦で流れをつかんだのは、ヤクルトの方だった。

 三回、3四死球で得た2死満塁。バレンティンに強引に振る考えはない。西武のカスティーヨは荒れ、狙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも