[PR]

 内閣府と財務省が12日に発表した4~6月期の法人企業景気予測調査によると、大企業の景況感を示す指数が全産業でマイナス2.0となり、4四半期ぶりにマイナスに転落した。製造業は、自動車部品の調達コストの増加やスマホ向け部品の需要減でマイナス3.2だった。

こんなニュースも