[PR]

 人間が変えた環境に適応したために、生き物が「環境のわな」にはまって絶滅への道をたどることがある。牧場で良い餌となる外来種の草を見つけたチョウが、人がいなくなると姿を消してしまった例を、英米の研究者が英科学誌ネイチャーに報告した。

 研究チームは、米国内にある牧場で約30年にわたり、エディタヒョウモ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも