[PR]

 大手通販運営事業者のアマゾンジャパンは13日、顧客から受け取った製品の誤使用情報などを、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)と共有する協定を結んだ。提供を受けた情報をNITEが分析することで、通販利用者がより安全に製品を使える環境を整えようとの取り組みだ。

 両者が共有するのは、事故一歩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも