[PR]

 全日空(ANA)の客室乗務員らの制服の受注で談合していたとして、公正取引委員会が13日、大手商社の伊藤忠商事など5社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)に基づく排除措置命令を出す方針を伝えたことがわかった。公取委は、約25億円分の受注で談合があったと判断したとみられる。

 ほかに命令の対象とし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも