[PR]

 フランスの民家の屋根裏部屋に眠っていた花瓶が、18世紀の中国・清朝時代に作られた磁器とわかり、競売大手サザビーズが12日にパリで行った競売で、1620万ユーロ(約21億円)の異例の高値で落札された。

 花瓶には、ピンク、水色、濃淡の違う複数の緑、茶色など様々な色を駆使して、鶴や鹿、松の木が鮮やかに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも