[PR]

 ■太陽光発電への農地転用はなかなか認められない。営農型が突破口になった。

 福島市の南にある福島県二本松市の中里地区の畑で、5月24日、農業と太陽光発電の両立をめざす「ソーラーシェアリング」(営農型太陽光発電設備)の建設が始まった。

 作業にあたったのは、大内督(おおうちおさむ)(44)が会長を務…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも