[PR]

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の実質的な審議が13日、衆院厚生労働委員会で始まった。例外的に喫煙を認める飲食店の経過措置の期間について質問が集中し、野党からは「経過措置の期間を明確にすべきだ」との批判が相次いだ。

 改正案では、焦点だった飲食店を原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)とするが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも