[PR]

 原子力規制委員会は13日、原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す「東海再処理施設」(茨城県)について、日本原子力研究開発機構の廃止計画を認可した。約1兆円の国費を投じ約70年かかる廃止作業が正式に始まる。施設内には高濃度の放射性廃液や廃棄物がたまり、計画通りに進むかは不透明だ。

 計画…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも