[PR]

 参院選挙制度改革をめぐり自民党が定数6増などからなる案を示したことを受け、伊達忠一・参院議長が13日、各会派の代表者らを集めて意見を聴いた。週内の対案提出を求める議長に、野党側が反発、改めて協議することになった。

 自民が示している公職選挙法改正案は、定数(242)を6増し、比例区に特定枠を設ける…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも