[PR]

 ソファに寝転んで本を読んでいると、カミさんがお茶を持ってきてくれた。

「何読んでるの?」

「んー? 織田作之助」

「面白いの?」

「面白いっていうか、味がね、あるんだよ。坂口安吾や太宰治のしょっぱい味つけに比べると、関西風でね。薄口だけど、奥深い。美味(おい)しいんだな」

「ふーん、よく分からない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも